海之まりん的日常

SEED DESTINY【18】 ローエングリンを討て!

アーサーって、えらそうにブリーフィングに現れたのはいいけど、作戦についてなんにも考えていなかったのね。
いやん、もう、ダメ男。でも、かわいいダメっぷりですわ。ホレそう。
しかし、あの次点でアーサーが作戦について知らなかったってことは、作戦会議とかやってないってことなんですかね? じゃあ、全部アスランの一存???
いいのか? ミネルヴァ。そんな泥縄式で……。
いやはや、先が思いやられます。
それにしても、アスランって、女の扱い、上手いのか下手なのか。ああいう小さい女の子もレディ扱いなのは、「おっ、やるじゃん」って感じなのに、肝心なところでダメになっちゃうあたりはアイタタです。
きっと、どうでもいい女には親切で、本気になると、どうしていいのかうろたえるタイプなんでしょうねぇ。
ルナマリアがアスランのそういうところを見てもアスランのことを好きでいられるのか、ちょっとギモンですわ(カガリはよくわかっていないのでつきあえる)。
それにしても、ルナマリア。
「あたし、予防線張られた?」
って、それをれーちゃんに聞くのはまちがいなのでは???
でも、そんなふうに聞くってことは、少なくとも、ルナマリアにとって、れーちゃんはつきあいづらい相手ではないってことなんでしょうね。
ルナマリアやシンから見たれーちゃんというのが、もう少し知りたい気持ち。
そんなこんなで、作戦行動に入るわけですが……。
シンは単独でローエングリンへと続く秘密の坑道に向かいます。その他の人たちは、陽動。
秘密の坑道は、狭くて、真っ暗で、シンは不満タラタラ。
「自分がやりたくないから、俺に押し付けたんだろう!」なんて、アスランのことののしりまくりです。
でもさ、思ったんだけど、真っ暗でも、レーダーくらいあるでしょ? 彼ら、目視で索敵してるんですかね??? それにしたって、赤外線使って解析くらいできそうなもんなのに、意外とアナログなんですねぇ。
それに、ニュータイプだったら、このくらいの坑道、感覚で通り抜けちゃいそうなんだけどな。
シン、目で見ようとするからダメなんだ! 心の目を開け! 心で見るんだ~っっっ!!
って、それ、番組違うか……。
んー。コーディネーターって、人工ニュータイプくらいの気持ちでいたんだけど、能力的にはニュータイプには及ばないのかもしれません。
そうだよなぁ。ニュータイプは共感できる能力があるそうだけど、コーディネーターにはなさそうだし、別物なんですね。
などと考えているうちに、シンは坑道を通り抜け、陽電子砲間近に大接近。
奇襲にそんな手間かけてちゃダメじゃん。タネも割れないしー。
こんなんで大丈夫なんかとハラハラしちゃいましたよー。最後は敵モビルスーツを基地内で爆発させるという荒業を成功させ、作戦終了。
めでたし、めでたし、と言いたいところですが、レジスタンスの人々が地球連合の軍人さんを皆殺しにしていたのを見て、とってもイヤな気持ちになっちゃいました。
戦争って、結局、勝てば官軍。
どっちの陣営にも属さない第三者から見れば醜悪以外の何物でもありません。
コニールちゃんの笑顔も、ちょっとせつない。
コニールちゃんはかわいいキャラでしたが、出番はこの一話だけなのですね。少し惜しい気もします。
なんにしても、主人公のシンがちょっとは活躍したので、よかった、よかった。アスランにも褒められちゃって、シン、ちょっとうれしそうだったし、これで、ふたり、ちょっとはなかよしになるのかしらね。
来週は、偽ラクスとギルさま(とハイネ!)も登場して、なんだか、嵐の予感?
しかし、アスラン、いったい、何をそんなにおののいているんだろう?
気になる~。
[PR]
by marine-umino | 2005-02-19 23:48 | 腐女子な話題
<< 『BALD FORCE .EX... アニメ『ホイッスル』を見た >>



   まいにちぼちぼち
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30