海之まりん的日常

1月の新番組アニメ

遅ればせながら、1月からの新番組の第一話を見ました(全部じゃないけど)。

・鍵姫物語
アニメは絵が少々違うので最初はわからなかったのですが、介錯さん原作らしいです。
アリス適応者の女の子たちが女の子同士戦って相手の心の中の物語を奪うという設定はなかなか面白いと思うんですが、主人公の妹がイヤ……。
すみません。まりん、妹属性ないんです。妹苦手なんです。
なんで、こう、美少女系のお話に出てくる妹って、こう、おしなべて、うるさく、生意気で、しかも、嫉妬深いのでしょう? 世のお兄さんたちは、こんな女、好きになれるのでしょうか???(あたしはヤダ)
主人公は、アリスマニアで、自分でもアリスのお話を書いてます。はっきり言ってヲタです。根暗感漂うヲタ男です。
ただし、顔がかわいいので救われてます。
女の子だけでなく、男の子も、やっぱり、顔がいいってお得なんですね。

・陰からマモル!
ごめんなさい。ヒロインの女があまりにもバカなので疲れました……。
こんな女いたらイヤ……。

・タクティカルロア
これも、ごめんなさいです……。
テンポも悪くないし、よく動いているのですが、なぜか退屈……。
あらすじ読むと面白そうだし、暇と気力に余裕があればストーリーが動き出すまで我慢してつきあうこともできるのですが……。

・Fate/stay/night
ゲームやってないせいか燃えません(涙)。
ゲームやってから出直そうって感じです(でも、実は月姫もやってなかったりして……)。

・よみがえる空
海猿で海保が注目されたんで、次は自衛隊なんですねって感じの地味~なアニメ。地味~ですが、退屈ではないです。
挫折した男の魂の再生っていうストーリーに、実は、まりん、けっこう弱いんですよ。挫折を知る男には男の色気ってヤツがあるような気がして。
主人公・内田くんのCVは、『かみちゅ』の二宮くん役で、まりん的に人気急上昇中の宮崎一成さん。
航空自衛隊も全面協力で、現役の航空機がばんばん登場するのも見所ですね。

・爆球HIT! クラッシュビーダマン
お子さまアニメです。
ちっちゃいお友だち向け対応ですが、これが意外と侮れないんですよねぇ。
熱血で燃え燃え。萌えに疲れたら燃えもいいんではないかと(笑)。
まりんはコン太くんが超お気に入り。だって、かわいいんだもーん♪
テレビを見ながらコン太くんのあまりの愛らしさに微笑んでいたら、周囲から冷たい目で見られました……。
いいじゃん。かわいいものがきらいな人がいて?(おいおい……)
それにしても、あのビーダー。けっこう危険な代物のように見えるのですが、小さいお子さまの玩具としてOKなのでしょうか?
人に向けて撃ったら怪我するよ。
もちろん、ルールを守れば問題ないのでしょうが、お子さまがルールを守ってくれるかどうかは別問題だしなぁ。
危険玩具として世間で問題になったらアニメ打ち切りになっちゃうじゃん。
しかし、そんなこと考えてる自分は、大人としてどうなのかとちょっと思います(涙)。

・練馬大根ブラザーズ
世にも珍しいミュージカルアニメ。
変。とにかく、変。
ある意味、実験的なアニメでしょうかね。
この異様なテンション。一瞬、腰が引けてしまうのですが、いつしか、悪い薬みたいに、じわじわと全身に染み込んでくるようでオソロシイ(笑)。
特に、ホストのチロリンことイチローのゆるゆるっぷり。伝染ります。あの無感動な「わーい」。つい、自分でもやってしまう(あうあう)。
ちなみに、イチローのCVは森久保さんなのですが、いつもとはずいぶん違ってて森久保さんとはわかりませんでした(メジャーの吾郎あたりとは別の人みたい)。
森久保さんはお歌がお上手なのですね。
今後、ゲストの声優さんたちも歌われるらしいので、それも楽しみです。
是非、最後まで逃げ切ってください(笑)。
OP曲を元米米の金子さんと石井さんが作っていて、米米テイスト炸裂なので、米米がお好きだった方は、OPだけでも、是非、一度ご覧になってみてください。
『ミトの大冒険』が好きだった方にも、もちろん、おすすめ(あれも変なノリのアニメだった……)。
それにしても……。
練馬にあんだけの土地持ってるヒデキ兄ちゃんって、実は、かなりな大金持ちなんじゃ???

・落語天女おゆい
落語芸術協会75周年記念作品、だそうです。
いくら、クドカンの『タイガー&ドラゴン』あたりが若い人に受けて落語がプチ・ブームだからって、いきなり萌えの世界に進出してくるとは、落語芸術協会ってチャレンジャー(笑)。
しかも、75周年記念作品という半端っぷり。
もしかして、これもシャレですかね?
普通の女子高生が幕末にタイムスリップして、天女となり、悪から江戸の町を守るというお話で、カテゴリー的には魔法少女系列でしょうか?
当然、女の子の登場人物が多いのですが、こいつだけは勘弁しろ、と言いたくなるようなタイプの女の子はいなさそう。
まりんは、雅さんが好きですねぇ。雅さん、実は、唯ちゃん大好きっぽくて、素直じゃないとこがかわいいのです。
今後、江戸の町に舞台が移って、あれこれ江戸の風俗なんかも見られると楽しいな。
しかし、落語って難しいですね。
声優さんが落語に挑戦するのも見所の一つらしいのですが、声優さんとしてはお上手な方でも、落語の段になると、なんかチガう。
やっぱり、落語家さんの話芸は特別なものなんだなぁ、と思いました。
あ、そうそう。
ED曲。笑いました……。
なんで演歌なんだーっっっ???
[PR]
by marine-umino | 2006-01-23 21:15 | 腐女子な話題
<< 憂鬱 交響詩篇エウレカセブン【39】... >>



   まいにちぼちぼち
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30