海之まりん的日常

『BLOOD』を見た

『BLOOD+』のモトになったという『BLOOD』を見ました。
時代は、作中を走っている自家用車から類推して、たぶん、1960年代。
舞台は横田基地(飛んでたのはファントムですかね???)
小夜(さや)と呼ばれる少女が、デヴィッドという男に命じられ、『翼手』というモンスターを狩るために、アメリカン・スクールに潜入するというお話。
長さは48分となってます。
現在放映中の『BLOOD+』とは、ま、別物ですね。
小夜はおさげで、唇たらこ。ついでに、めっちゃ、こえー。
とても、この小夜があの小夜になるとは思えません。
ハジもいないしね。
デヴィッドは出てきますが、やはり『BLOOD+』のデヴィッドとは別人です。
第一、四十年前のと同じ人だったら、デヴィッド、おじーちゃんになってなきゃなんないもん。
それとも、小夜付きの人は、いつもデヴィッドなのかしらん? コードネーム・デヴィッド、なんちゃって(もちろん、冗談です)。
小夜は日本刀を使いますが、刃物であればなんでもいいみたいだし。
そういや、刃物を使うのは、『翼手は一度に大量出血させないと倒せないから』と小夜が説明してました。
そうだったのかー。へー。
この『BLOOD』から『BLOOD+』へと連なるキーワードを探すとすれば、まず、デヴィッドが口にした「彼女は我々が知る限りただ一人のオリジナル」という言葉でしょうか。
『BLOOD』には『The Last Vampire』という副題がついています。作中では、小夜が吸血鬼であると断定できるような描き方はされていないのですが、少なくとも、年は取らないようですし、小夜がヴァンパイアであることはまちがいないのでしょう。
小夜がただ一人のオリジナルのバンパイア。
ということは、オリジナルでないバンパイアが存在する。
それが翼手であることは容易に想像ができます。
翼手が小夜のコピーなのか、あるいは、小夜の血によって人間が変異させられたものなのかはわかりませんが、小夜が自身が倒した翼手に向ける眼差しは、悲しげであり、また、慈愛に満ちているようでもある……。
彼女自身のどこかに翼手に対する複雑なシンパシーが存在するのを感じました。
『BLOOD+』の小夜もバンパイアなんでしょうかね???
てことは、翼手と小夜にも関わりがある?
なんにせよ、これから先、『BLOOD+』の小夜にはつらい現実がたっっっくさん待っていそうですね。
話を『BLOOD』に戻しますが、キャラデザは寺田克也さんで、とにかく濃いです。
アニメーションはすごくキレイ。
よく動いていますし、光と影のコントラストがまた印象的です。
ストーリーは日本のアニメというよりは、アメリカのホラー映画みたい。
押井さんが主催してらっしゃるクリエーターさんの勉強会(?)押井塾で塾生から提出された企画書から出たものらしくて、押井テイストたっぷりです。
言ってみれば、マニア向けの一作、でしょうか?
『BLOOD+』もけっこうエグい造りだと思ってはいましたが、やはり、本家の濃さは段違いでした(笑)。

余談ですが、1960年代ということもあって、小夜が着ているセーラー服のスカートが膝下丈で、それが妙に新鮮でした。
でも、ソックスがクルーソックス(ニーソックス)なんだよね。
どうせなら、三つ折りソックスにしてくれればよかったのに(笑)。
クルーソックスがメジャーになってくるのは、もう少し時代が下がってからじゃないかなぁ。
[PR]
by marine-umino | 2006-01-26 17:49 | 腐女子な話題
<< 『有頂天ホテル』を見た 憂鬱 >>



   まいにちぼちぼち
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30