海之まりん的日常

生チョコを作ってみる

誰かにあげるというわけでもないのですが、せっかくのバレンタイン・ディですし、周りの雰囲気に付和雷同して生チョコを作ってみました。

【作り方】
1.チョコを細かく削る。
2.チョコの半分の量の生クリームを沸騰寸前まであたためる。
3.ボールに削ったチョコを入れ、あたためた生クリームを加える。
4.チョコが溶けるまで30秒くらい待ったあと、へらでダマがなくなるまで丁寧に混ぜる。
5.適当な空き箱にクッキングシートを敷いて型を作り、その中にチョコを流し込む(厚さは1センチくらいが目安ですが、もう少し薄めでもいいかも)。
6.冷蔵庫で一時間以上冷ましてから、包丁で2センチ角くらいに切る。

以上、とっても、簡単でした。調理というほどのものでもないくらいです。

ポイントは

○チョコは細かく削る。
○あたためた生クリームを入れたあと、すぐに混ぜないで、必ずチョコが溶け出すまで30秒待ってから混ぜる。
○混ぜる異数は最低限に。混ぜすぎると空気が入ってツヤがなくなるそうです。

結局、細かく刻むのも、30秒待つのも、最後に混ぜる回数を少しでも減らすためなんですね。
ほかに、水あめやバターを入れるレシピもあるようですが、材料が半端に残るのもイヤなんで、今回はチョコと生クリームだけで作りました。でも、これでも、分離もしなかったし、ツヤがなくて汚いということはないようです。

b0027220_1638548.jpgまあまあ、パヴェ(石畳)な感じ???
ほんとうは、ココアをまぶすみたい。でも、ぱふぱふして粉っぽいし、汚れるし、苦いし(ついでに値も張る)なので、今回は粉糖をまぶしてみましたが、試食してみた感じ、なんにもまぶさないほうが一番おいしい……。
というわけで、半分はプレーンのまま残してます。
チョコは、こだわりたい人は製菓用の上等なヤツをお求めになればいいと思います。特にこだわりのない人は、フツーにそこらへんで売ってる安いチョコでどうぞ。充分おいしく作れるよ。
ホワイトも作り方は同じです。
気分でドライフルーツ入りのコーンフレークを混ぜ込んでみましたが、生チョコは水分が多いため、コーンフレークがしなっとなって、味はともかく触感が今イチ。次に作るときは、ドライフルーツだけにしよう。うん。

b0027220_16352457.jpgダイソーで売ってるグラシン・カップに一個ずつ入れて、箱に並べ、はい。完成。

結局、実家のお父さんにクール宅急便で送ってあげました(笑)。
[PR]
by marine-umino | 2006-02-14 17:23 | おいしいもの
<< 脚本力 交響詩篇エウレカセブン【42】... >>



   まいにちぼちぼち
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30