海之まりん的日常

ZガンダムⅢ『星の鼓動は愛』を見た

やっと、点滴から解放されたので、へろへろしつつも見に行ってきました。
まだしんどいとは思ったのですが、Aoponが連れてってくれるって言うし、これをのがすと、ほんとに見逃しちゃいそうなので。
幸いなことに、平日のせいか、私たち以外にお客さんはいなくて、まさに、貸し切り。
すんごい贅沢な気分でしたよ(笑)。
周囲を気にせずダレダレできて身体も楽でしたし、ちょっとラッキー。

映画は、全体にドンパチ中心で派手な仕上がりでした。
はしょりにはしょったシナリオでありながら、ラストに向かってぐいぐいストーリーを引っ張っていく力量はさすがです。
アニメも(書き直したところは)キレイ。前の二つより、書き直したところとそうでないところの差も目立たない気がしました。
特に、コロニーレーザーの中の、百式とジ・オとキュベレイの三機の戦闘シーンはカッコいいです。
最近のアニメ・・・たとえばエウレカなんかは、すごくよく動いていて確かにシャープでカッコいいのですが、それとは違う、重量感、存在感のある戦闘シーンで、こういうところも、さすが。
(SEEDもアニメはきれいだったけど、こういう存在感は、やっぱり、なかったかな。そのあたり、ガンダムとしてSEEDが物足りなかった一因でもあるかも……)

で、肝心の誰も知らないラスト、ですが……。
あー。ぶっちゃけていうと、カミーユに倒されたシロッコはカミーユの心を連れていったりせず、あっさりと逝っておしまいになり、カミーユは、そのままファとくっついた、と、まあ、そんだけですかね。
エマさんも、レコアさんも、サラも、カツも、死にました。ヘンケンさんもエマさんをかばってお亡くなりになりました。
このあたりの人たちはTV版のとおりです。
意外なことに、ベルトーチカがTV版と違って生き残ってましたよ。
地球でアムロとラブラブしたままエンディングを迎えてて、オドロキました。
うむむ。ということは、逆襲のシャアと、このお話はつながらないってことなんですか?
ベルトーチカ存命のまま、アムロがチェン・アギと出会ったら、ドロ沼の三角関係に発展しちゃうじゃん。ベルトーチカもチェンも気性はキツそうなので、優柔不断なアムロが大変な目に遭うことは想像に難くありません。
また、カミーユが元気で生き残ったことで、ZZにもつながらなくなっちゃうんじゃ???
てことは、ZZも新しく作り変えなくちゃってこと???
……。
ま、あれは、あれ、これは、これ、ってことにしときましょう。
たぶん、TV版のZを作っていたころのトミノさんは、Zを大団円で丸く収めたくないというお気持ちがあったんじゃないでしょうかねえ。現実には大団円なんてことはそうそうあることではないし、そういうありきたりなオチをつけたくないと言うような気持ち。
でも、あれから二十年も経って、トミノさんも、それなりに年を取って、「別に、ハッピーエンドにしてやってもいっかー」って、気分になんとなーくなったのかも。
そういう気持ちって、なんか、わからないでもないです。
まりん自身、若いころは安直にハッピーエンドにするのは許せないと思ってたから。
でも、年を経るごとに、自分、そんなにとんがる必要もないじゃん、って思えるようになってきました。
もちろん、トミノさんが何を考えて、続編との整合性を失わせてまでこういうラストにしたのか、本当のところは本人にしかわからないとは思いますけどね。
映画版では、フォウもロザミアもほんの少ししか出てきませんが、これも、ファがヒロインであったということなら、いっそ自然だと思います。
カミーユは、いろいろな女性と出会って、自身の思いに翻弄され、結局は、幼なじみのファと結ばれる、とね。まあ、映画版はそういうお話になったかな。
それはそれでいいんですけど……。
最後、シロッコと対峙するカミーユとZに力を与えるために、みんなが出てくるシーンがありますよね。
TV版にもあったシーンですが、もちろん、映画版にもありました。
あの、シーン、出てくるのはなんで女の人ばっかなんでしょ???
男の子は、唯一、カツが出てきますが、あれは、サラを押さえるために出てきただけ。たとえば、ヘンケンさんあたり、出てきてもおかしくないと思うんだけど、いないのよねー。実際には、さほどカミーユとは関わりのなかったロザミアまで出てきてるのに。
やっぱ、これは、監督の趣味なんですかね(笑)。
ま、いーけど。
とにかく、大団円ですっきりしましたよ。
スタッフの皆さま、お疲れさま。楽しませていただいてありがとうございます。
なんだか、ZZが見たくなっちゃったな。
実は、まだちゃんと見ていないのでありました。
ハマーン・カーンのその後も気になりますしね。
どうやらAoponはハマーンのあのわけのわからない行動が理解できず、彼女のことがあまり好きではないようですが、まりんはハマーンのことはわかりやすい女だと思ってます。
ハマーンには、きっと、シャアは殺せないでしょうね。彼女の頭の中は、案外、シャアのことでいっぱい、って気がしないでもないんですけど(笑)。

さてさて。
物語も大団円を向かえ、ラスト間際のシーン。
なんと、セイラさんが登場するのですよ。
おおっ。セイラさんだ。セイラさんがいるっっっ。
でも、しゃべらないんだろうなぁ。だって、セイラさんの声は永遠に失われてしまったんだし……。
と、思ったら!
セイラさんがしゃべったんですよ! しかも、井上遥さんのお声で!
どうやら、昔のテイクをリマスターしたみたいです。
フォウの声も変わったし、サラなんて、Ⅱで変わって、Ⅲでまた変わるという有り様だったのに、セイラさんには随分こだわるんだなぁ(笑)。
なんにせよ、一瞬ですが、昔のままのセイラさんが甦ってきて、なんだか胸に迫りました。
[PR]
by marine-umino | 2006-04-03 22:49 | 腐女子な話題
<< つらいです…… 点滴人生 >>



   まいにちぼちぼち
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31