海之まりん的日常

安彦良和さんの原画展に行ってきました

b0027220_19484076.jpg友だちのYさんが行きたいと言うので一緒にくっついて行ってきました。
島根県出雲市の平田本陣記念館というところでやってます。ここは、松江藩主が出雲大社参りをされる際にお立ち寄りになった旧本陣木佐邸の一部を移築したところなのですが、なぜか、現代アートの展示会をよくやっているらしい。
ご存知りとおり、安彦さんは、『ナムジ』という出雲神話をベースにしたコミックを描いていらっしゃるので、ご当地にゆかりの有る展示会と言えますね。
(←これは、入り口横に貼ってあったポスター)
安彦さんご自身の原画展ということで、安彦さんが描かれたコミックや、小説の表紙・挿絵が中心に展示されていました。
一番多かったのは、ガンダムORIGINのものでしたかね。カラーページや、ガンダムエースの表紙を飾ったイラストが、ずらっ、と並んでいてなかなか壮観です。
アニメ関係では、ポスターやレコード(昔はレコードってもんがあったんだ)ジャケットに使われたイラストが主に並べられていました(アニメ本作に使われたものはラフが少々あったかな。なんだかんだいって、アニメは共同作業なので、安彦さん個人の作品と言える部分は少ないのかもしれません)。
往年の名作、ザンボットやクムクム、クラジョー、ダーティーペアも並んでjましたよ。「そういえば、これ、我が家にもあった!」というものも……(あたしが買ったわけじゃないが)。うーん。なつかしい。
そうそう。原画はカラーばかりでなくモノクロも並んでるんですが、これが、ちょっと変わった紙を使っていらっしゃるんですよね。
普通は、ケントや上質紙のようにつるつるした紙を使うことが多いと思います。
でも、並んでる安彦さんのナマ原をよく見てみると、水彩紙のように表面にうっすらと凹凸のある紙を使っていらっしゃるんですよ。
これで、よくペン先が引っかからないなぁ、と感心。フラッシュもフリーハンドのようですし、やっぱり、線を描く時の勢いが違うんだろうなぁ、としみじみ思いました。
上手な人は、こういうとこの性能が断然違うんだよねぇ。
原画のほかには、それぞれの作品にまつわる、ちょっとしたエピソードなんかも書いてあってて、これも読んでいると楽しかったです。
ORIGINの連載開始については、サンライズの社長直々にオファーがあって、その時、既に今後は漫画を描いていこうと思っていた安彦さんは「なんてひどいことを言うんだ」と思われたそう……。
それでも、思いなおしてこうして連載を続けてくださっているのは、ファンの方たちにとってはとてもありがたいことですよね。
原画展は5月28日までやってます。
入場料は500円。
4月29日はご本人がいらしての講演会、翌30日はサイン会などもあるようです。
(AOPONの後輩T子さんは前回のサイン回の時にちゃっかりサインをせしめていたらしい……。つくづくヲタクなヤツめ)

それはいいが……。
出歩いたら、また具合悪くなってきた……。
なかなか元気になれないよ(涙)。
[PR]
by marine-umino | 2006-04-28 20:34 | 腐女子な話題
<< 秋葉原ではメイドさんが異常増殖... 4月からの新番組アニメ(2) >>



   まいにちぼちぼち
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30