海之まりん的日常

<   2004年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コンタクト・ゾーン

コンタクト・ゾーン
篠田 節子 / 毎日新聞社
ISBN : 4620106690

外務省のノンキャり・真央子、大病院令嬢の祝子、妻子ある男性と不倫中のありさの三人は、共に三十代後半の友人同士。三人は、バカンスとショッピングのため、テオマバルのバヤン島へ出かける。
折りしも、テオマバルでは政情不安が訴えられていた。バヤン島では、クーデターが起き、三人が泊まっていたホテルでも宿泊客が惨殺されるという事件がおきてしまう。
バヤン島が危険なことを知りながら、安易な考えで旅行を決行をした彼女たちは、島からの脱出を試みる。
しかし、たどりついたのは、バヤン島の奥地の農村テンバヤン村。
心あたたかなテンバヤン村の人たちにかくまわれ、彼女たちはクーデター軍から身を隠し、生き延びようとするが、村の暮らしになじむうちに、やがて癒され、満たされていく自分を感じ始めて……。

509ページあります。二段組です。長いです。
でも、あとから、あとから、いろんな事件が起きてハラハラさせられて、長さを感じず、一気に読むことができました。
まりんの場合、寝る前に、ちょっと読もうかな、なんて思ったのが運のツキ。そのまま、朝までかかって一気読みしてしまいました……(翌日、眠くてつらかったです)。
三十代後半の、いってみればオバちゃん三人組のサバイバルは、そこここに谷と山があって、読者を飽きさせません。いったい、この先どうなるんだろう?って、胸をドキドキさせてくれます。
祝子は何をやってもそこそここなせてしまうお陰で自分が何をしていいのかわからなかったし、ありさは太っていて醜いと自分を恥じていた。真央子は真央子で男社会で生きていくことの難しさに疲弊している。そんな彼女たちの悩みは、日本の多くの女性がかかえているものと共通なのではないかと思います。
自分にも何か人のためにしてあげられることがあるんだとわかって、それによって満たされていく祝子。太っていることが美しいとされているテンバヤン村で愛されるありさ。
実は、女性の夢が詰まっているロマンティックな一編でもありますね。

舞台となったテオマバルは、実在しない国らしいです。マレーシアあたりがモデルなのかな、とも思いながら読みました。
三人をかくまってくれるテンバヤン村は、天国のようなところですね。日本には、まず、こんなところはないでしょう。
都会暮らしの三人が、田舎の生活に苦しみながらも癒されていくっていうのは、わからないでもない。でも、田舎者から見ると、そんなに簡単じゃないんじゃない?って気もします。
都会の人は、田舎の人は純朴で親切だと思ってるかもしれないけど、それはお客さんに対してだけです。『お客さん』でなくなってみなければ、田舎に住む、つらさ、息苦しさはわからないのではないかと思うので。
それに、前半、あれだけ身勝手で傲慢だったこの三人が、そんなに掌を返したようにいい人になっちゃうのも、どうかなぁ、と……。そりゃあ、まあ、たくさんの人が目の前で殺され、自分自身も何度も死にそうになりながらここまで生き延びてきたので、人生観が変わるってことは、当然、ありうるのでしょうが、その変化が、ちょこっといきなりだったのではないかと思いました。
あと、冒頭の一生のみ、ツアーコンダクターの工藤という男の人の視点で物語が描かれています。
彼女たちにはわからないバヤン島の情勢を説明したり、彼女たちがいかに傲慢であるかを強調したりするためにこういう構成をとられたのかもしれませんが、少々違和感がある気がしました。最初から彼女たちの視点でストーリーを語っていっても、一向に支障のない内容だったと思います。のちに、工藤さんや現地ガイドのアリがどこかで出てきてそれなりの役割を果たすのかとも思ったけど、それもなかったし。
だいたい、工藤さんが過去にエミリオという男の人とつきあってたことなんてストーリーには関係ないじゃん? しかも、彼とエッチしようとして、できなかったエピソードまで入れるか?
そう思うと、さては、このエミリオとのロマンスを書きたかっただけなんじゃないか??? などという疑いさえ、頭をよぎってしまうのでありました。
結局、女って、どこか腐女子なものなのかもしれません。
うーん……。
[PR]
by marine-umino | 2004-09-29 18:55 | 最近読んだ本

今週のD.Gray-man

今週のDグレは、『先週までのあのシリアスさ加減はいったいどこにいってしまったんだ?』的ドタバタでございましたことよ。
この調子で来週もギャグの週なのでしょうか?
いや、別に、ギャグはいいんだが、神田くんが1コマも登場していないのが、まりん的には納得できないわ!!!(笑)
先週、サービス良過ぎたからなぁ。頑なに巻いてたさらしもやっと外してくれたし。
あれって、あの胸の刺青(?)を隠してたのね。あの梵字って、何かの呪いかしらん???
それはさておき、これで神田くんが男の子だと世の中にあまねく知れ渡って、みんなで腐女子萌えの世界にためらいなくGOみたいなカンジです。神田くん、あまりに別嬪なので女の子だと思っている人が実に多かったものね。
まあ、しょうがないや。今週は、階段のとこで倒れてたリナリーちゃんがラブリーだったので、それで我慢しとくことにします(いや、リナリーちゃんはかわいいけど。神田くんとは別の意味で萌えだよね♪)

しかし、Dグレ、連載位置が少々気になります。週Jって、人気がある連載から順にページ数が若いほうから掲載していく(そして、どんどん下がっていくと、いつしか連載打ち切りとなる)ってウワサだから。
もうすぐコミックスも出るのに、人気ないのかなぁ? 腐女子萌えは置いとくとしても、絵はかわいいし、お話も面白いのに(確かに週J路線ではないかもしれないが)。
人気出てほしいなぁ。いろいろ伏線も張ってあるみたいだし、しっかり最後まで読みたいなぁ。
やっぱり、毎週、あのアンケートはがきを書かなくちゃダメなんだろうか?
『海之まりん ××歳』(××は非公開。とても口にできない)とかって書くの?
ううう……(苦悶)。
[PR]
by marine-umino | 2004-09-27 15:31 | 腐女子な話題

ラスコーリニコフの日

ラスコーリニコフの日
佐々木 敏 / 徳間書店
ISBN : 419861668X

在日K国人伊東真一は、子供のころ本国から『スカウト』され、諜報部員となった。
コードネームは『エフゲニー』。
優秀なスナイパーに成長した彼に、日本へ行き、日本人『日景 明』になりすますよう指令がくだされる。日景 明本人はK国に拉致され、日景 明の妻はK国の拷問により精神を病み、夫の顔さえわからない状態だ。
誰も、彼を疑うものはいない。
エフゲニーは、本国からの指令のとおり、ミッションを遂行していくが……。

ヤバいです。めちゃめちゃヤバいお話です。
だって、K国って、どう見ても北○○人民共和国ですよね。それが日本人を拉致ってだけでもヤバい話題なのに、救助ヘリがハイジャックされて横田基地の管制塔めがけてテロ攻撃しちゃうわ、警察庁長官は狙撃されるわ。
宗教団体を装って、山梨の基地の地下に隠れてた、東アジア革命戦線っていうテロリストのリーダー赤坂 静夫なんて、ものすごーく、例の人っぽいし、『社会党員で行政事務能力ゼロ』『極端な無能者』とこきおろされた(ヒドイ……)山村総理は、あの総理をモデルにしたい違いない。
それに、この一連の事件の黒幕的存在、広野 治自治大臣兼国家公安委員長。松本サリン事件で無実の第一通報者に国家公安委員長としてではなく一個人として謝罪した、京都出身の代議士といえば、ちょっと前に引退した、あの人しかいないじゃん!
ヤバいです。めちゃめちゃヤバいです。
記事はさておき新聞の見出しだけでも見ている人なら、誰がモデルにされたのか簡単にわかっちゃうんですよね。
いいのか? こんなの書いて?

……。

とはいえ、これって小説ですものね。小説という形で出版されたということは、これは事実ではなく、すべてフィクションなんですよね(本にも確かにそう書いてある)。
そう考えるなら、これはこれで、なかなかに楽しいエンターテイメントだと思います。
まりんは、一晩で一気に読みました。続きが気になって、どんどん先に引っ張られるあたりは、今までの佐々木敏作品同様です。
たぶん、まりんは、この人の文章が持つ独特のリズム感が好きなんでしょう。かなり、スピード感あります。走ってます。こういう文章は体質に合います(デビュー当時の神林作品とか、大昔の平井作品とか、最高です♪)。
ただ、『ゲノムの箱舟』や『龍の仮面』に比べて、かなり薄味だったのは残念。この二作に比べるとページ数がかなり少ないので、それも仕方のないことなのかもしれませんが、後半の渡海警視正の動向についてはもう少し知りたい気がしました。
あとは、この人の書かれる若い女の子! どうして、なんでも『愛』の一言で片づけようとするかなぁ??? なんか、伝家の宝刀のごとくその一言をふりかざされると、つい「はあ、ごもっとも」となってしまうのですが、実際は、平伏しつつも、ちょっともやもやが残っちゃいます。

さてさて。
タイトルにもなったラスコーリニコフ。彼は、エフゲニーの先輩エージェントです。
まりんは、わりとすぐに正体がわかっちゃいました。
(もちろん、わかったからといって、お話がつまんなくなったとかそういうことはありません。読者から正体を隠そうとするあまり、最後のあたりで唐突に出現させるようなことになっちゃったり、いきなり人格変わっちゃったりするよりは、よっぽどマシだし、読者がいろいろと先を予想できるような情報を少しずつ提供していくことは大事だと思います)
ラスコーリニコフとは、当然、ドストエフスキーの『罪と罰』の主人公の名前から取ったんでしょうね。
自身の欲と傲慢によって、老婆を惨殺したラスコーリニコフは、辻の真ん中でその罪を告白することで自らを救ったわけですが、さて、このお話の中のコードネーム・ラスコーリニコフは、罪を告白することによって救われたのでありましょうか? 彼の生き方がお話の中に語られていない以上、推測するしかありませんが、これからの人生を、もしも、彼が愛に生きようとするのなら、それは、いささかロマンティックすぎるんじゃないかい、なんて、まりんはちょっと思ったりしています。
[PR]
by marine-umino | 2004-09-26 16:54 | 最近読んだ本

鋼の錬金術 『死』

うわ~。なにやら不吉なタイトルや~と思っていたら、マジで『死』かよっっっ。しかも、二回もだぞ。扉の向こうの世界のエドの死と、こっちの世界のエドの死と、一週間の間に二回!! 
アル! 囚われの姫君やってる場合じゃないぞ!! 最愛の(笑)兄ちゃんが大変なことになってるぞ。なんとかしろよ~っっっっっ!!!!!
はあ……。
なんか、ため息出ました。
途中までは、アーチャーさんのロボっぷりに笑いを誘われたり(見れば見るほどドクターマシ○トの作る怪人のよう……。あの、口から弾丸が、なんか、特に)、ハボさんのマシンガンぶっぱなしに、ちょっと萌えたりしてたのですけどね……。
扉を開けたら、そこには世界史の世界が待っていたとは。しかも、そこで失われた生命をエネルギーとした錬金術師は使っている、だなんて。
思いもしない展開でした。
そんな事実を知って、エドやアルは、これから先、錬金術を使い続けていけるんだろうか?
なんて、考えていたのに……。
エンヴィーの正体も意外でした。エドのパパが作ったということは前々から本人も言ってたけど、まさか、ダンテさんとの間の息子だったとは。しかも、どう見ても、エドやアルより、父親似。ていうか、激似。
しかし、エドの周囲の人たちの間では、人体錬成した人率、異様に高くないですか? 師匠が師匠なら弟子も弟子だと思っていたら、親もそうかよ。こんなに人体錬成する人続出なら、世の中ホムンクルスだらけになっちゃうじゃん(笑)。

それは、さておき。
ああ。あと30分。来週一話しかないんですよね。
こんな状態で、ほんとうに終われるんだろうかと、今、かなり、ドキドキしています。
まさか、来年公開の映画で完結? いわゆる、イデオン方式ってヤツですか? それも、なんだかです~。
なんにしても、来週をおとなしく待つよりほかはありません。
どうなるのかなぁ?
なんだか、エドが生き返っても、そのまま死んじゃっても、どっちも、納得いかない気はするけど……。
はあ……。
やっぱり、ため息です。
[PR]
by marine-umino | 2004-09-25 22:32 | 腐女子な話題

疾走

疾走
重松 清 / 角川書店
ISBN : 4048734857

古くからの農家と、干拓によって新しく土地を得た農家との対立にさざめく町で生まれたシュウジは、それなりにおだやかでやわらかな少年時代を過ごしてきたが、両親の期待を一身に集めてきた四つ年上の兄が高校で優秀な成績を上げられなくなってきてから、家庭内には波が立ちはじめ、学校でもかつての親友から手ひどいいじめを受けるようになっていく。折りしも、干拓地に巨大リゾートセンターが建設されることになり、シュウジを取り巻くすべてが彼を追い詰める。崩壊する町。崩壊する学校。崩壊する家庭。その只中で、シュウジは短い人生を疾走する。

男性の作家さんが書かれるミステリ系の小説に多いのが、過去にはそれなりに栄光の日々もあったけれど、今はなんとなく挫折した気分で、でもって、「俺なんて社会の隅っこのクズ同然さ」なんて、クールでニヒルを気取ってる男=主人公。事件の鍵をほんとうは彼が全部にぎっているのに、自分ではちっともそれを自覚していない鈍感さんである。そのくせ、そういう彼を周囲の人たちは、なぜかみんな大好き。「気取らないあなたが好きよ」的に、彼を助けちゃったりする。
本編の主人公シュウジも、ほのか~にそういうタイプのにおいがします。確実にします。でも、あんまり気にはなりませんでした。ただ切実に生きようとする彼の姿に「イキがってんじゃねーよ」という反感よりは、せつなさを覚えるからかもしれません。もちろん、もしかしたら、まりんが若くてかわいい男の子には寛容なだけなのかもしれませんが(笑)。
でも、そのくらい、彼の人生は悲惨の連続です。あるいは、今の世の中には、こういうこともままあることなのかもしれません。それでも、ゆがまず真っすぐ生きようとするシュウジの姿が美しいのだと思います。
それだけに、最後までちゃんと生き抜いてほしかった。犯した罪をつぐない、今度はほんとうの恋をして、更にやさしく生きていく彼を見せて欲しかったと、作者の方には言いたい。
アカネさんが子供を生んだからといって、それが救いになるのでしょうか?
それに、牧師さん。ほんとうは、シュウジを救えるのは彼しかいなかったのではないかと、まりんは思います。でも、牧師さんは、自身の傷に囚われて、必要な時に、シュウジを見守ることはできても、手を差し伸べることはできなかった。そういう意味で、一番罪が重いのは、実は、この人ではなかったのかと……(そういえば、件の主人公のタイプに、この牧師さん、あてはまりますよね。考えたら、この人、このお話のもうひとりの主人公だしなぁ)。

ちなみに、この小説、世にも珍しい(?)二人称小説です。読者には誰かわからない第三者がシュウジに対して「おまえは」と語りかけ、その行動をつづっていくことで小説が成り立っているわけですが、難しいやり方のような気もするのに、大変わかりやすく、また、独特の雰囲気をかもし出しておりました。『疾走』のタイトルどおり、最後まで一気に読めます。というか、読みたくなるお話です。面白いです。
おそらく、岡山から倉敷の間の、児島とか、早島とか、あのあたりがお話の舞台になっているのではないかと思いますが、都会のお金と思惑によって、壊され、壊れていく地方都市の様がありありと描かれていて、田舎者としては身につまされる一冊でした。
[PR]
by marine-umino | 2004-09-22 10:30 | 最近読んだ本

アノニマス

アノニマス
野崎 六助 / 原書房

覗木毒助は落ち目のホラー作家。小説を書けなくなっていた彼は、講師を務めるカルチャースクールの小説教室で、生徒たちが書いたものを自分の著作として発表するべく、ゲームと称して罠をしかけるが、インターネット上で流された悪いうわさに苦しめられるようになる。自分の生徒たちの中に、その存在を知らなかった自分の子供がいるかもしれない。それは、いったい、誰だ?そんな時、クラスで毒助がもっとも優秀だと目をかけていた生徒が変死を遂げ……。

なんか、ワケわかんない話でした。
結局、誰が毒助の子だったのか、それとも誰もそうではなかったのか、いったい、誰がこの茶番をしかけたのか、ちっとも、わかんねー。
毒助が、いつ自分の子供がいるかもしれないと知ったのかもわかんなかったし。
最初、「こいつがそうなのか?」って思わせぶりなとこを見せておいた人物はあっさり殺し、ぞんざいな扱いだった別の人物を後半メインにすえるってのも、意外性をねらったのかもしれないけど、なんかご都合主義っぽい気が……
おまけに、キャラがかぶる登場人物が何人かいて、ちょっとウザいとこもありました。
あたしの頭が悪いのか???
それとも、このわけわかんなさがよさなのか???

まあ、自分でない誰かがいつのまにか自分に取って代わっていく、っていうのは、確かに怖い話ではあります。
というわけで、このお話は、やっぱり、ホラーなんですね。それは、わかったぞ(笑)。
ネットの世界は名前も顔もない『アノニマス』だけど、現実の世界も、実は、そんなに違わないのかもしれません。
[PR]
by marine-umino | 2004-09-16 20:27 | 最近読んだ本

最近読んだ本


『奇術探偵曾我佳城全集』 泡坂 妻夫
奇術探偵曾我佳城全集
泡坂 妻夫 / 講談社
ISBN : 4062101890


曾我佳城は大金持ちでミステリアスな美女。引退した今でも『伝説』と呼ばれる奇術師である。周囲で起きるさまざまな事件を、奇術的考察によって佳城が解き明かしていくミステリ短編集。

長かった……。557ページもあるので、読了には一週間くらいかかってしまいました。とはいえ、一編一編は短いし、さくさく読めます。
これは、面白かった♪
特に、冒頭の『てんとらぽん』のお話が好き。法界先生の『ものを貼りたがる人々』についての考察が特に興味深いと思います。
ストーリーが進んでいくにしたがってキャラクターも増えていきますし、この人はあのお話の時の人ね、と思うと、なんだかしばらく会わないでいた知人に会ったようでとてもなつかしい気持ちにさせられました。
いろいろと楽しめただけに、最後の一話はちょっと不満……。
読者にとっても、曾我佳城は最後までミステリアスな女でいてほしかった。天女のように思われた彼女も、実はただの女だったと知ってがっかりした人は、まりんだけではないはず……。
まあ、その分、これからは串目くんがミステリアスな存在になっていくのかもしれませんが……。
[PR]
by marine-umino | 2004-09-15 22:45 | 最近読んだ本



   まいにちぼちぼち
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
ディーグレイマン画像
from ディーグレイマン画像
euro sex par..
from euro sex parties
domestic dis..
from domestic disci..
girls jerkin..
from girls jerking ..
Victoria Bec..
from Victoria Beckham
women piss a..
from women piss
crossdresser..
from crossdresser
redheads pus..
from redheads pussy
LINK
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧