海之まりん的日常

<   2005年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今週のD・Gray-man

今週はセンターカラーです。うれしいです。
おまけに、表紙の裏には人物相関図が……。
ほんのちょこっとでも神田くんが見られたよ~っっっ。
今頃どうしているのでしょう? 神田くん。いや、まあ、どうせ、相変わらずでしょうけど。

吸血鬼・アレイスター・クロウリーを一度は撃退(あれを撃退と言えるのか?)したアレンくんたちは、再び、クロウリーと戦うために、クロウリーの居城に……。
吸血鬼に噛まれちゃったアレンくんですが、吸血鬼になりそうな気配はありませんね。即座に、ニンニクと杭を用意するラビくん、おちゃめです。
そして、ラビくん、ホレっぽい。
しかも、ちょっとイロっぽい年上のお姉さんがタイプですか? こいつ~。
穴あきタイツがちょっとセクシーなお姉さんは、しかし、たぶん、危険な人ですよ。
AKUMAの花を飼っているのがその証拠。
察するに、エリアーデがクロウリーを操っているのでしょうね。
クロウリーに自分が吸血鬼であると思わせて、村人をさらわせる。そして、さらった村人を人食い花の餌にする。
てことは、エリアーデもエンネアみたいな人の仲間なのでしょうか?

ま、とにかく、来週、来週!
なんでも、ポスターとかつくつぽいので楽しみにしよう。
神田くんがいるといいなぁ。

あと、ナルト。再開ですね。ちょっと大人になってて、ドキドキ。ちっちゃい男の子がおっきい男の子になったって感じです(もっとも、イチャイチャ・タクティクスのよさはまだわからないようですが)。

話は変わりますが、さっきコンビニに行ったら、まずSEED-DのニューOPが流れてて、「おおっ」と思っていたら、続けてネクサスのOPが……。あたしに合わせてくれたわけではないだろうけど、いやにヲタな選曲に少々ドキッとしてしまいましたのことよ。
[PR]
by marine-umino | 2005-01-31 17:45 | 腐女子な話題

SEED DESTINY【15】 戦場への帰還  + EDITED

また二話一緒になっちゃった……。早く自分のペースを取り戻したいです。

【15】 戦場への帰還

ルナマリア「ザフトにもどったんですか?」
アスラン 「そういうことになるね」
ルナマリア「なんでですか?」

って、あたしも聞きたい。

いや、もう、ほんと、アスランのバカっっっ。
おまえ、今更来たって遅いんじゃ。
このトロくささが、アスランの現状をすべて物語っていますね。
大西洋連邦との同盟のことも、ちっとも、知らないしぃ。
カガリは押さえられなかったのか、って、なんか、ほんと、他人事ですわ。
ルナマリアにカガリの結婚式のことを聞かされて、アタッシュまで取り落とすその取
り乱し方も、あまりにも情けない。
ほんとにね。キラたちが動いてくれたからよかったけど、そうじゃなかったら、どう
する気だったんだろう。
猛省せいっ! 猛省!
あんたにあのカガリの号泣を聞かせてやりたいわっ。
と、まあ、そう言いつつも、カガリもちょっとおバカさんだとは思うけどね。
自分さえ我慢すれば、なんて考えは、やっぱ、傲慢です。自分に酔ってるとそしられても仕方がない。だって、カガリひとりにできることなんてたかが知れてるんだから。
カガリがそれに気づいたら、もう少しいい指導者になれるんじゃないかとは思いますが、まあ、18歳の女の子にそれを求めるのも酷ですかね。
アスランはどう見たって政治家には向いてない男だし、このふたりの将来は必ずしも明るくないかもなぁ。不器用でかわいいカップルだとは思うんだけど……(それだけで国は動かせないし)。
それはそうと、泣きじゃくるカガリを抱き締めるキラを見下ろすラクスの視線がちょっと気になったとですよ。あれは、『あたしのものに気安くさわるんじゃないわよ、このアマ。キラに触れていいのは、私だけ。姉だからって、許せませんわ』という視線だったのでしょうか(笑)。
さてさて、フェイスとなって、ミネルヴァに帰還したアスランは、たちまち人気者ですねぇ。
ルナマリアだけでなく、妹にまでターゲット・ロック・オンされちゃってるし。
おそるべし。ホーク姉妹。妹は、姉より、更にあからさまに迫ってきそうなので(前回のフレイ状態?)、アスランにそれがかわしきれるでしょうか?
でも、ルナマリアはきらいじゃありません。あの物怖じしないストレートさには好感持てます。男らしい(笑)。おしゃれにもそんなに興味なさそうだし。
もしかしたら、メイリンには、そういう姉に対するコンプレックスがちょっとあるのかしらん?
そんなアスランの周辺には目もくれず、相変わらずのマイペースで、ピアノを弾くれーちゃん。似合いすぎです。美しいです。
一方、シン(こっちも相変わらず主人公らしくない)。
もどってきたアスランを即みつけるあたり、愛かね、とも思ったんですが、その割に「あんた」にもどってるし。そのくせ、雑誌(S-マガジンってなんの雑誌?)の陰からちらちらアスランのことを窺がってるとこ見ると、やはり、気にはなるのですかね。
まあ、これから、セイバーとインパルスで一緒に戦うことになるんだろうから、そのへんのことはおいおい……。
なんにしても、まりん的には、かわいいヴィーノをいっぱい見られたので、よしとするべしな回。

【EDITED】
いわゆる、アニメーターさんのお休みの回。
ナレーション、いつもと違って、白鳥哲さんでしたね。お久しぶり~。
サイ、どうしているのでしょう?
OPにもいないし、登場予定はなさそうですが……。
まりんの予感では、学者かなんかになってそう。
あと、オーブの位置ってここだったのね~。
オノゴロ島だとかいうから、もしかして、我がジャパンかと思ったりもしてましたが(日本語も通じるし←笑)、違ったのか。国のトップの人たちが、全員白人っぽいところを見ると、移民の国なんでしょうかね。いや、まあ、あそこが、今まりんが住んでる地球とは別の場所だとすれば、自ずと歴史も違ってくるのでしょうが。

ここまで見て思うことですけど、前回のSEEDよりは世界が広がって、そういうところでも楽しめるようにはなってるかなぁ、という印象です。
前回は、特に前半部分で、キラとアスランの親友同士の争いに終止してしまって、世界観が矮小化してしまった感が否めなかったんですよね(仕舞い際はけっこう盛り上がりましたが)。
今回も、アスランが、もどるんだか、もどらないんだか、ってとこで、けっこう時間を使ってしまって、ちょっといらいらさせられるところもありましたけど、一応、ミネルヴァ、ガーティ・ルー、アークエンジェルと、勢力も出そろったので、ここから仕切りなおしといったところでしょうか。
せっかく、ギルさまという悪役も出てきたことだし、盛り上がっていってほしいです。おんなじことばっかダラダラ繰り返すのは、昼ドラだけで、もうたくさん(それにしても、なんで、あの昼ドラに出てくる人たちって、ああも感情的なんだろう???)。
そして、今度こそ、前回明かされなかったナゾを全部解き明かしてくださいね。

というわけで、次はジブラルタルですね。え~。ジブラルタルかよ。シュラク隊のお姉さんたちの最期を思い出しちゃうじゃないか(涙)。
余談ですけど、Vのジブラルタル攻防って13話前後ですよね。SEEDは人が死なないなぁ(ついでにストーリーの進み具合が遅い気も……)。

ところで、この回『EDITED』というらしいですが、phase16ではないわけですね? てことは、次のインド洋の死闘がphase16なのかしらん???
[PR]
by marine-umino | 2005-01-30 22:30 | 腐女子な話題

今週のD・Gray-man

今週も一日遅れだ。仕事かたづいたはずなのに、なんでこんなに自分の時間が取れないんだろう???(号泣)

さてさて。
ついに吸血鬼と遭遇しちゃった、アレンくんとラビくん。
それまでのへろへろムードは打って変わって、顔つきもシャープに(笑)。
しかし、吸血鬼さんも強いですね。
アレンくんとラビくんのふたりがかりでもつかまえられなかったんだから。
そのくせ、本人は、けっこう気弱でいい人っぽい。
どうやら、望んで吸血鬼になったわけではなさそう。
教団にはこの吸血鬼さんに関するナゾのレポートもあるようだし、ますますいわくありげです。
でも……、アクマじゃないってことは、どうなんだろう?
まさか、この人もイノセント持ち?
ナゾの女の人の存在も気になるよね。

それにしても、吸血鬼にもいやがられてしまうほど苦くてマズいアレンくんの血って、いったい、どういう血なんだろう???
この調子だと、アレンくんが吸血鬼になっちゃうことはなさそうだけど……。
[PR]
by marine-umino | 2005-01-25 18:57 | 腐女子な話題

メジャーへの道

ジャイアンツの上原投手がメジャーに行きたがってるんだけど、球団側との交渉は難航中、というニュースを、昨日テレビで見ました。
まりんはジャイアンツ・ファンです。
亡くなった父がそうだったので世襲しました。
いろいろ問題あるチームだとは思いますけど、やっぱり、今までも応援しています。
その、一ファンとしての意見を、一言、言わせてもらえば、

「行かせてやれよー」

そりゃあ、上原はエースだし、エースがいなくなったら、ジャイアンツの戦力も魅力もレベル・ダウンしちゃうかもしれません。
でもね、ここで選手を縛るようなまねをしちゃったら、球界全体の魅力をも損ねる結果になってしまうのではないかと思うのです。
プロ・スポーツ選手はカッコいい。ほかの人たちを魅了できるだけの最高の技術と強さを持った人たちです。
でも、それだけじゃなく、プロ・スポーツの選手のカッコよさには、ほんとうにやりたいことをやって、ここまで来た人たちなんだっていうカッコよさもあるんじゃないかって気がするんですよね。
世の中には、やりたいことをやって生きていける幸せな人は少ないと思います。才能がなかったり、本人に根性がなかったり、そもそもやりたいことが発見できなかったり、事情はそれぞれでしょうけど、夢を貫くことは、ほんとうに難しい。
だからこそ、子供のころからの夢をかなえた人たちに、みんなあこがれるんです。
なのに、一つの夢をかなえた人が、またもう一つ大きな夢をかなえようとした時、それを球団側の事情で阻止してしまったら、ファンの人たちはどう思うでしょう?
「なんだ。プロ野球選手になったって、夢なんかないじゃん」
プロ・スポーツは夢を売る仕事のはず。なのに、その夢がなくなっちゃったら商売になりません。子供たちはプロ野球選手にあこがれなくなるし、大人だって試合を見なくなっちゃうかもしれない。
第一、契約を楯に選手を球団に縛り付けて、それで面白い試合になるんですか?
そりゃ、選手はプロだから一生懸命仕事はするでしょうけど、でも、当然、モチベーションは下がる。
それで、ほんとうに感動を呼ぶ試合ができるんですか?
だったら、挑戦させてやれよ、と思います。
FA権取ってからでも遅くないと言う人もいるかもしれないけれど、上原投手があせる気持ちもわかるんですよね。
メジャーに行きたいと言い続けながら、結局、行けないまま、年齢を重ねていった人はたくさんいるわけだし、それに、なんたって、人生は短い。あとになってから「あの時こうしておけばよかった」と思うことが多すぎます。
特にスポーツ選手は、選手としていい時期というのは短いので、自身のピークのうちにチャレンジしたいと考えるのは当然でしょう。
まりんは、上原投手がメジャーに行って活躍してくれたら、それでうれしいと思いますし、また、ジャイアンツには、上原に変わる新しいヒーローが生まれてくるかもしれない(というより、それを育てる努力を球団はすべき。もちろん、とても難しいことだとは思いますが)。
いろいろ難しい問題が山積しているのはわかりますが、何よりも、夢のある球界であってほしい。そう願わずにはいられません。
[PR]
by marine-umino | 2005-01-19 15:48

今週のD・Gray-man

月曜日は体調悪すぎて家から一歩も出られなかったので一日遅れになってしまった……。

さてさて。
前号で拉致られたアレンくん。
もしや、悪い人たちにさらわれちゃったの~?、っとびくびくしていたら、実は、困っている村人たちだったのですね(でも、村長さん、顔、アクマよりコワい……)。
探しにきたラビくんともどもぐるぐる巻きにされちゃってるとこがカワイイ♪
このふたり、並んでると、ほんとにカワイイです。
神田くんに会えない悲しみが癒されますわぁ~。
(あ。でも、アレンとラビでは、カップリングがどうとかはあんまり考えないけどね)
しかし、クロス元帥。トラブル・メーカーですなぁ。早く、元帥のところに着いていただいて、そのご尊顔をたっぷり配させていただきたいと思っているのに、途中にこんな障害作ってるなんて、イケズ。
それにしても、なんで、わざわざ吸血鬼を起こすようなマネするのでしょう?
もしかして、この吸血鬼もアクマがらみなのかなぁ???
次号は、ご本尊がご登場のようですから、それもわかるかな。
吸血鬼は好きなアイテムなので、どのように料理されているか楽しみですねっ。

あっ。そうだ。ジャンプつながりで思い出した。
今更な話題かもしれませんが、アニメ『ホイッスル』で、水野くんの声を当ててるのって前田剛さんなんですってね。
これは、見ねば! てゆーか、聞かねば!!
ちなみに、本編で好きなキャラは不破くんで(不器用なとこがかわいい♪)、カップリングは風祭兄弟が最強!って思ってました。アニメはどうなってるのかなー。わくわく。
[PR]
by marine-umino | 2005-01-18 14:40 | 腐女子な話題

SEED DESTINY【14】 明日への出航

おお。OP変わった!
先週変わらなかったので、あれ~、と思っていたんだけど、アークエンジェル発進に合わせて一周ズレだったのか。
ちょびっとだけ、今後の展開が垣間見えそうなOPになってましたね。マリューさんと、仮面の人が向かい合ってるってことは、やっぱり……。虎さんとの仲も、微妙?
あと、横座りステラちゃんがらぶりーでした。最近、出番ないなー。
でもー、せっかくの新OPなんだから、も少しバンク減らしてくれたら、もっと、うれしかったかな。
それにしても、主要キャラは皆さん絵を描き換えてもらっているというのに、バンクを使われてしまったミーナ、哀れ……。
もっと哀れなのは、OPでしか主人公であることを主張できないシンか(苦笑)。EDはキラに完全に乗っ取られてるしなー。
EDはなんかっぽい。VのEDがちょっとこんな感じでしたかね?
ED曲好きです。梶浦さんはいいですね。歌うのは難しい曲が多いですけど。

さて、本編。
うわー。カガリ、日本語書いてるよー。マジ日本語だよー。
やっぱり、種の世界では日本語が公用語なんですかね(苦笑)。そうじゃないかと思ったんだ。なんせ、みんな日本語しゃべってるし。
……って、ひとりでボケても淋しいな……。
それはさておき。
ついに結婚式ですか。
カガリ、大ピンチ!!
自分の女の、この一大事にアスランはほんとに何やってんでしょう?
「きみは俺が守る」って言ったなら、一生守れよ。アスランのバカっっっ。ほんと、使えないヤツっっっ。
なんでザフトに帰っちゃうかなぁ? 別に、キラと一緒にアークエンジェルと合流でもいいじゃん。いや、確かに、ザフトに帰らないとセイバーがもらえないけど。
ほんとに、もう。
今度は、さっさと合流してくださいよ。マジでっっっ。
はよ、セイバー持ってもどって来い!!!!!
だいたいねー、この人たち、二年間、いったい、何をしとったんじゃ? 
もしも、前の戦争が終わった直後だったのであれば、コーディネーターとナチュラルの恋人同士って、それはそれで平和のシンボルとして世間の皆さんにも受け入れられやすかったはずだと思うんですよね。
カガリはユウナとの婚約を破棄して、さっさとアスランと婚約なり結婚なりしちゃえばよかったのよ。
で、ふたりで、ふたりの理想とする国を作ればよかったのにー。
キラだって、アークエンジェルのクルーの皆さんだっていたんだから(なにげに皆さんいたんですね)、彼らの力だって借りられたはずなのにね。
カガリにしても、なんであんなに従順かなぁ?
ユウナと結婚したって、そう簡単には自分が望む国家体制は作れないって、わかんないのかなぁ???
あー。でも、ユウナ・ロマ、意外と紳士だよね。
カガリを自分の屋敷に軟禁するだけで満足とは。このシチュエーションなら、フツー、無理にでも、やっちゃってるパターンだと思うな(すみません。品性下劣なもんで)。
まあ、そういうふうにツメが甘いから、結婚式場から花嫁をさらわれるハメになるのよ。
フリーダムでカガリをさらっていったキラは、けっこうカッコよかったと思います。
ほんと、これをアスランがやっててくれたら……(涙)。
まあ、今週も、オーブのすてきなおじさまが見られたので、まりん的には一応満足ということにしておきましょう。
さてさて。
オーブから脱出したアークエンジェルですが、帰るところも行くところもなくなった彼らは、これからどうするんでしょうかねぇ?
ミネルヴァやガーティー・ルーと戦闘したりするんでしょうか?
戦場でフリーダムと出会ったシンがどういう態度を取るかはたやすく想像つきますが、アスランは戦場で再びキラと出会ったらどうするつもりなんだろう?
彼はその時のことをちゃんと想定しているんでしょうか?
アスランって何考えてるかわかんないや。っていうか、もしかして、実はなんにも考えていない人なのかもなぁ。
予告編では、なんだか恥ずかしげに頬染めたりしてましたが……(なんで???)。
ま、いいや。おとなしく来週を待つよ。
シン。来週こそは、登場しろよ~(今週は、完全にキラが主人公だった……)。

ところで、ハウメア。
前に、カガリがアスランにお守りを渡しましたよね。
「守ってもらえ」って。
でも、実は、ハウメアって、ハワイの安産の神さまなんですってね。
なんで、アスランに安産のお守り?
はっ。まさか、カガリ、アスラン受け???(そんなわけないって……)

あっ。そういえば、もう一つ、気になることが……。
キラのママ、なぜ、マルキオさまのところにいるのでしょう?
なんか解説あったっけ?
あのへんの家族関係がいまだによくわからないまりんなのでありました。
[PR]
by marine-umino | 2005-01-15 23:30 | 腐女子な話題

はじめの一歩 【71】

はじめの一歩 71 (71)
森川 ジョージ / 講談社
ISBN : 4063634582




今回は、王子宮田のOPBF防衛戦を丸ごと+鷹村さんのミドル級タイトルマッチの前座での木村さんvsエレキ・バッテリ再戦の途中まで。
次号、木村さんのドラゴン・フィッシュ・ブロー炸裂か?
(って、週マガ読んでたらわかるけど)

発売とほぼ同時に買っていたのですが、なかなか読んでいるひまがなくて……(涙)。
それでも、未読のまま積んである本の中から最初にこれを選んだのは、やっぱり、スポ根は、つるっ、と楽に読めちゃうからですかねぇ???
何はともあれ、王子、防衛おめでとう♪
なのですが……。
試合内容は、王子的にも、読者的にも、ちょっと不本意?
格下相手に乱打戦やったあげく、拳骨折とは……。
これで一歩との試合も流れちゃったし、肩透かしな気分を味わった人も多かったかも。
おまけに、ミスター・サカグチが連れてきたフィリピン人ボクサー。
なんか因縁ありそうな人です。
どうやら、宮田父の最後の試合がらみの人みたいだし(宮田父のボクサー生命を奪った人の、息子、もしくは、弟か???)、正体がわかったら、王子は一歩よりもこっちを優先させちゃいそう。
やっぱ、王子と一歩は縁ないのかしらん???
かわいそうな一歩くん。あんなに王子のこと、好きなのにー(でも、あたしは、鷹村×王子だと思うけど)。
あとねー、あとねー。
例のフィリピン人ボクサーの人が、ロッカールーム前で王子に話しかけるシーン。
「この出会いは運命だと言っただろ? 運命には誰も逆らえないぜ」
っていう台詞も、絵ヅラも、なんだかっぽくて、ちょっと腐女子萌え♪

……すみません……。

まあ、宮田×幕之内戦は流れてしまったものの、間柴×沢村戦も決まったことですし(本誌では始まりましたね)、しばらくはこれを楽しみにしましょう。
血で血を洗う死闘確実ですが、ここは、やっぱ、間柴兄に勝ってもらって、ババーン、と景気よく世界に行ってもらいたい。
なぜかって?
もちろん、それは、世界に行けば、きっと、ヴォルグ・ザンギエフが出てくるに違いないから♪
ヴォルグ×間柴戦って、見てみたくないですか?
[PR]
by marine-umino | 2005-01-14 23:29 | 最近読んだ本

今週のD・Gray-man

週Jもやっと読めました~。
もう、何もかもが遅ればせ。なんたって、今日、キッチンのレンジまわりの大掃除をしたくらいです。よその家では、一か月も前に済ませちゃってるんだろうなぁ(涙)。
いや、そんなことはいいんだ。どうでもいいんだ。

神田くんだよ! 神田くん!!!

ああん、もう、美しいお顔をひさしぶりに拝見できて、まりん、超はっぴーですわん♪
おまけに、そのいらいらっぷりの愛らしいこと。
でも、この展開ですと、再びお会いできるのはずいぶん先になりそうですわね。
まあ、たった数ページでも、見られただけ、今は、よしとしましょうか。
そういえば、神田くんの師匠ってティエドール元帥という方だったのですね。
まりんは、てっきり、神田くんの胸に、あの妙な梵字を刻んでいった人が師匠に違いないと思っていましたが、違ったのか。
てことは、犯人(?)は、誰だろう? 週J的展開からいくと、お兄さんとかお父さんとかかなぁ?
なんにしても、そのあたりの謎はいずれ解かれる時が来るでしょう。
その時は、神田くんをたっぷり堪能できるのねっ。楽しみ♪楽しみっ♪
一方アレンくん。
うなされています。ラビくんに落書きされまくっても気づかないおボケっぷりがナイスです。
しかし、クロス・マリアン元帥こと、師匠。アレンくんの口ぶりによると、かなり、困ったちゃんな人のようですが、それよりも、何よりもっ!
まりんが気になったのは、アレンくんがギャンブルでかせいでいたというその事実!
いったい、どんなギャンブルやってたんでしょうねぇ???
というか、アレンくん、ほんとに、何やらせてもソツなくこなす器用な子ですじゃ。
一家に一台欲しいカンジです。
なんか、リナリーちゃんとけっこうラブラブっぽいです。
かわいいカップルなので、これはこれでいいかな、とも思うのですが、リナリーちゃんを攻略するには、なんせ、ものすごーい障害(コムイさんのこと)があるからなぁ。
なんにしても、アレンくんの道程は険しいと、そういうことですかね(笑)。
[PR]
by marine-umino | 2005-01-12 15:38 | 腐女子な話題

SEED DESTINY【11】【12】【13】

年末、身動き取れなくて何もできなかったので、今回は、まとめて三話分です。

【11】 選びし道

なんか、いやーな展開ですねぇ。
強硬な大西洋連邦。強硬だからこそ、大西洋連邦サイドにつこうとするオーブ。
長いヤツには巻かれておこうっていうこの考え方は、どこかの国みたいですなぁ。
まあ、オーブがあるのはオノゴロ島だそうですし、オノゴロ島といえば、どっかの国で一番最初にできた島だそうですから、似ているところがあるのかもしれません。
しかし、「再び国を焼くという悲劇を繰り返さないためにもね」っていうけど、地球軍は、せんだってザフトにこてんぱんにやられたんだよ? そんな人たちの尻馬に乗ってほんとに大丈夫なんでしょうかね?
どうやら、ユウナ・ロマと彼のパパの頭はオーブを乗っ取ることでいっぱいで、ほかのことは、あんまり考えられないみたいです。
「そして、また国を焼くのですか?ウズミさまのように」
などと言ってますが、この調子だと、更に国土を危険をさらすことになりそう。
おまけに、ユウナってば、カガリの肩を抱くわ、デコちゅーはするわ、やりたい放題。ついには、結婚式を急ごうだなんて……。
カガリ、ピンチです。ヤバいです。
オーブがこんな状況になってるっていうのに、アスランは、いったい、何やってんだと思ったら、ザフトで半軟禁状態ですかい……。
ま、いーけどさ。
それより、イザ姫とデッイアッカの、私服、私服♪
イザ姫は、オリーブグリーンのスーツで、ピンクのシャツにグリーンのタイ。なんか、スゴい格好で出てこられたらどうしようとおびえてたんだけど、まあ、フツーでよかったんではないかと。
ディアッカは何気にオシャレだったね。ディアッカ、まりんの中では人気上昇中です。
それにしても、訪ねてくるなりつかみかかるイザ姫ってば、相変わらずです。
と思ったけど、アスランに対してザフトにもどるなら「俺がなんとかしてやる」なんて言ってみたり、「それしかできることはないが、それでも何かできるだろう」なんて語ってみたり、ああ、イザ姫、大人になったのねぇ。
でも、カガリのことを知っていたら、イザ姫、どうだったんだろう? オーブの女とはつきあうなって言うのかな。それとも、もどれって言うのかな。
ちょっと聞いてみたい気がしました。
そんなわけで(どんなわけで?)、オーブを追われたミネルヴァは否応なく戦闘に巻き込まれていき、風雲急を告げそうな次回ですが、結局、シンは、カガリに八つ当たりをし、お子さまなところだけを見せただけだったのでした。次回は、ちょっと出番多そうですが、これで主人公らしくなってくれるかなぁ……。
ところで、ラクスが寝てるシーンですが。
まりん、キラと寝てるのかと思ってあせってしまいました……。ぽこぺん。

【12】 血に染まる海

今回の一言。

「そのひ弱なボディ引き裂いてくれるわ」

スパロボで採用されそうです。
それにしても、ものすごーく、なんかっぽいモビルアーマーだったな。なんか、ザク○ロを思い出しちったい。

もう一発、今回の一言。

ルナマリア・ホーク 「ちょっとあの数、冗談じゃないわよ」
レイ・ザ・バレル  「余計な口きいてるひまがあるのか」
まりん       「あんたもな」

失礼しました~。

戦闘シーンの多い回でした。
おおっ。ついにシンの種が割れましたなぁ。割れた途端、強いこと、強いこと。
どういういきさつで、シンがインパルスに乗ったのかはわかりませんが、シンをインパルスに乗せた人(たぶん、ギルさま)は、このことを知っていたのでしょうね。
しかし、キラやほかの子と違って、シンって、なんか、種割れた途端、人が変わって乗っ取られたみたいになっちゃって。
ああっ。だめだっ。だめだよっ。シン! 怒りのスーパーモードでは師匠(誰だよ?)には勝てないぞ!!
ま、これで、ちょっとは主人公らしくなってくれたらいいんですけど……。
どうでもいいんだけど、インパルスのエネルギー・チャージ、めちゃ早っ。
さて、ユウナ・ロマ、相変わらず、こすさ爆発です。
「国はあなたの玩具ではない」
って、玩具にしとんのはあんたやろ。
逆に、オーブの指令の人はカッコよかったですね~。ステキなオジさまでした♪ また登場してほしいもんです。
次はどうやらキラ復活みたいですね。
「飛べ、フリーダム」ってことは、やっぱ、フリーダムで出てくるってことですか。
ここのところのキラの態度には(いや、アスランもだけど。ラクスだって、前回はあんなに動いたくせに、今回はやけに受動的だし)ちょっとイライラしていたので、楽しみ。

最後に一言。
ギルさまからフェイスの紋章(?)を受け取るアスランが乙女みたいで笑ってしまいました。
アスラン・ザラにもどってるし~。

【13】 よみがえる翼

しょっぱなから、シンに抱きつくヴィーノに萌え~♪
ヴィーノ、かわいいです~。なにげに仕草が小動物みたいで愛くるしいんだよね。出番が少ないのが残念。
いやー、シンとヴィーノも悪くないかも~。どっちが上だか下だかわかんないような、百合百合カップルもナイス~。
と言いつつ、れーちゃんが、シンの肩を、ぽん、と叩くシーンでも腐女子萌え。目と目でわかりあってるふうなふたりも、いいカンジです。
でも、「ヤキン・ドゥーエのフリーダム以上かも」って、それは、ナイナイ(怒りのスーパーモードでは……、って、もう、それはいいよ)。
ま、それはさておき。
ようやく、キラ、フリーダムで出陣ですね。ああ、もう、やっとかよ。じれったいったら。
ラクスも、こんな女だったっけ? 前の時は、大胆なほどに能動的だったくせに、こいつも、じれったい。
来週は、ついに、みんなで出陣ですね。
でも、エターナルじゃなくて、アーク・エンジェルなのかー。
マリューさん、艦長復活。てことは、タリアさんと女の対決もあり? うーん。これは楽しみ♪
なにげに暗躍の虎さんとの仲も気になるところですが……。大人同士なんで、何があってもおかしくはないと思うんだけど、やっぱ、このふたりは、前に好きだった人のこと忘れてないみたい。
あとは、カガリの結婚式だっっっ。ヤバいっ。ヤバいよっ。どうするんだ? アスラン? 
セイバーで結婚式場から花嫁姿のカガリをさらってってくれたらカッコいいんだけど、それはないだろうなぁ(ため息)。
さてさて。
ザフトの精鋭部隊に生命をねらわれたラクスですが……。
いったい、誰がこんなことを仕組んだのでしょう?
ラクスに死んでほしい人。生きていてもらったら困る人。
それは、偽ラクスを仕立てたりなんかしちゃってるギルさましかいませんよねぇ。
ここまでひたすらいい人オーラを発散し続けているギルさまですが、そろそろ本性を現してきた、とそういうことなのでしようか?
DNA研究のエキスパートだという重要証言も得られたことですし、そろそろ悪役モードに突入してってほしいです(これで、マジでいい人だったら、暴れるちゃうよ)。


話は変わるんですが……。
SEED-Dの裏で『シュート』やってんですね。
ぜんっぜん、気づかなかったよ。
なんで、こんな時間帯にやるかなぁ。困るじゃん。
しょうがないので、シュートをリアルタイムで見て、SEED-Dはビデオに撮ってます。
ほんと、こういう時間組みはやめてくださいよぅ(涙)。
[PR]
by marine-umino | 2005-01-09 23:13 | 腐女子な話題

あけましておめでとうございます!

何、今更なこと言ってんだ。今日は、もう七日だぞ。松も取れようっていうのに、時代遅れなこと言ってんじゃねぇ。

ああ。そんなお叱りの声が聞こえてくるようです。
でも、いいんだいっっっ。
まりんは、ようやく、今日からお正月なんだいっっっ。
年末からかかえていた仕事が、やっと、やっと、一段落して、これで、新年を迎えられそうです。
というわけで

HAPPY NEW YEAR!

今年も、ぼちぼち、自分の道を模索していこうと思ってます。
皆さま、今年も海之まりんをどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by marine-umino | 2005-01-07 20:38



   まいにちぼちぼち
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31